プライバシーポリシー / 反社会的勢力対応の基本方針
PRIVACY POLICY

  1. 取得及び利用目的

    株式会社エクステック(以下「当社」という)は、お問合せフォーム、資料請求フォーム、メール、電話等で当社にお問合せいただいた方の氏名、住所、メールアドレス、電話番号、携帯番号、所属企業名、役職等、個人を特定できる情報(以下「個人情報」という)を取得します。取得の目的は、お問合せへの回答、並びに当社サービスに関する情報提供等のためであり、それ以外の目的で利用いたしません。

  2. 個人情報の提供について

    当社は、取得した個人情報について、法令で定める場合を除き、取得目的の範囲を超えて、当該個人の同意なく、第三者へ提供することはいたしません。取得目的以外で個人情報を利用・提供する場合には、必ずご本人様に事前に通知し、同意を頂いた上で行います。

  3. 個人情報の限定的な利用について

    当社は、蓄積した情報から個人を特定できない形式による数字や統計データ等を作成した場合は、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。

  4. 個人情報の開示などについて

    当社は、個人情報の開示、訂正、追加又は削除、利用目的の通知、利用又は提供の拒否についての依頼を受けた場合は、当社規定の手続きに従って速やかに対応します。

  5. 個人情報提供の任意性

    個人情報の当社への提供は、ご本人様の同意に基づく任意ですが、必要な情報が提供されない場合、当社サービスの利用ができない場合や、お問合せへの回答が得られない場合がありうることをご承知ください。

  6. 広告配信について

    当社では、ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当社を訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。ユーザーは、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザーとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピューターにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。お客様がブラウザーの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザーからクッキーを取得できます。なお、お客様のブラウザーは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したクッキーのみを送信します。お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザーにより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザーの「ヘルプ」メニューでご確認ください。すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

  7. 個人情報保護管理者及び問合せ先

    当社では、個人情報を適切に保護するための管理者を下記の者が担当いたしております。また個人情報管理に関する問い合わせや開示、訂正または削除の依頼は、下記までご連絡ください。

    【問合せ窓口】
    株式会社エクステック
    代表取締役 林哲郎
    電話番号:03-6803-4215
  8. 付則

    本プライバシーポリシーは2017年6月30日より実施します。

      

  9. 反社会的勢力対応の基本方針

    第1条 関係の遮断
    当社は、反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力からの不当要求の一切を拒絶します。

    第2条 体制の整備
    当社は、反社会的勢力に対して組織的な対応を行うため、反社会的勢力排除に向けた体制を整備します。

    第3条 裏取引の禁止
    当社は、反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、当該事案を隠ぺいするための裏取引は一切行いません。

    第4条 法的対応
    反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。また、警察・全国暴力追放運動推進センターなど外部の専門機関と連携し、従業員の安全を確保しながら、毅然とした対応を行います。


TOP